【病院っていついくの?】整形外科編

[word_balloon id=”unset” position=”L” size=”M” balloon=”think” name_position=”under_avatar” radius=”false” avatar_border=”true” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” src=”https://qow-therapist.com/wp-content/uploads/2020/04/businessman_question.png”]最近首が痛いんだよなぁ
これぐらいで整形外科って行っていいのかな?[/word_balloon]

[word_balloon id=”unset” position=”R” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” src=”https://qow-therapist.com/wp-content/uploads/2020/02/canva.png”]行きましょう!
むしろ行きましょう!
違和感のうちに受診する方が絶対いいですよ![/word_balloon]

 

というわけで、今回は最初に受診すべきはどこ?という素朴な疑問にお答えしたいと思います。

【病院っていついくの?】整形外科・接骨院・整体院・マッサージ施設など

 

 

医療機関て沢山あってよくわかりませんよね?ここで少し整理しましょう!

整形外科・クリニック

整形外科医(お医者さん)の資格を持っている人が開業した施設になります。施設によっては、レントゲンやMRIも完備している所もあるでしょう。

骨折や脱臼はもちろん、慢性疾患(肩が凝る、首が痛い、腰が痛い、膝が痛い)などに対応しています。

*手術設備があるかどうは、必ず確認しましょう。入院設備がない整形外科・クリニックは普通にあります。

最近では、リハビリテーション科なども完備して理学療法士のリハビリを受けることも可能になっています。

接骨院

柔道整復師の資格を持っている人が開業した施設になります。レントゲンなどの画像装置は置いてありませんが、最近では、超音波エコーを導入している施設もあるようですね。

柔道整復師というのは、名前からもわかるように、柔道から派生した職業になります。詳しくはこちらをどうぞ ▶︎ 日本柔道整復師会

整体院

基本的に国家資格を所有していない民間資格の方々開業している施設が多いです。

日本においては、カイロプラクティックも国家資格ではありません。

アメリカでは医師と同様のステータスのある資格だった気がします。

*理学療法士は開業権がないため、整体師として開業する場合があります。

その他(リラクゼーションなど)

リラクゼーションやマッサージをうたっていない同様の格安リラックスサービスなども基本的には民間資格になります。

研修は国家資格を持っている人が指導する可能性がありますが、実際サービスを提供する人はおそらく無資格者です。

私はというと…

理学療法士という国家資格を持っていますが、開業権はありません。

理学療法士の知識・技術を存分に活かし『 コンディショニング 』という形で、皆様のカラダを健康にしています。

動作や姿勢、関節可動域や筋力、皆様の身体を多方面からカウンセリングすることにより、一人ひとりにあったコンディショニングを提供しています。

 

【病院っていついくの?】結局…

まず最初は、整形外科受診の一択ですね!

画像所見で、骨折の有無や腫瘍などのリスク管理をするのがとても大切です。

その後、担当の先生と相談して、接骨院や整体院、その他の施設にいく方がいいでしょう。

人生100年時代と言われています。

自分のカラダに興味を持ち、健康になることはとてもいいコトです。

適切な診断を受け、適切な治療を受け、人生を楽しみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です