フックの法則

物理②

こんにちは。

『物理学』を勉強していきたいと思います。

皆様にとって『物理学』ってどんな存在ですか?学生時代に授業でやった。今も仕事で使ってる。などあると思います。

私は理学療法士として、10年以上仕事をしていますが、今さらながら『物理学』の重要性を理解したところです。

下記本を選んだ理由は、電子書籍で買えたからです。それだけ。内容がいいかは一緒に勉強しながら見定めましょう。

手にとるように物理学がわかる本【電子書籍】[ 青山智樹 ]

価格:495円
(2019/12/6 18:32時点)

それと、

図解眠れなくなるほど面白い物理でわかるスポーツの話/望月修【1000円以上送料無料】

価格:825円
(2019/12/6 18:40時点)

 こちらも買いました。少しでもイメージしやすくなるといいなと思って購入しました。

基本的に読んだ本のレビューというよりは、一緒に読みながら勉強する記事になります。

では、いきましょう。

フックの法則

「物体に力を加えた時、変形した大きさと加えた力は比例する」フックの法則 F(力)= kx(変形量)です。

これって単純ですけど深くないですか?

理学療法士がクライアントの身体を触る際、力(F)を加えますよね?相手が代償したり、他の部位が曲がったりしますよね(x)。(リハビリ中に自分が操作している所しか見ないなんて事ないですよね)

例えば、右側臥位(右肩を床につけた横向き)をイメージしてください。そこから、左の上位胸郭を床に垂直に圧迫したとします。押された身体はどのような反応をするでしょう?想像できますか?

答えは、、、

 

 

十人十色です。

 

 

人によっては、首が左側屈(左に倒れる)人もいれば、左骨盤挙上(左の骨盤が頭の方に動く)する人もいます。

違う反応が出る人に、同じリハビリしても効果ないですよね。

 

歩行時に加わる力と、私が無理なく足部に与える力。どちらが強いと思います?

おそらく、歩行時の方が強いですよね。つまり、自分の力で身体の反応がおおよそ見当がつけられるって事です。

この『フックの法則』を使わない手はないですね。

明日からの臨床が楽しみになりましたか?そうなっていただければ幸いです。

物理から紐解く理学療法。やってるこっちはとても楽しい。

ではまたお会いしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です