睡眠は大切【睡眠の基礎】

こんにちは。

今回は睡眠について記事にしていきたいと思います。睡眠を理解すると作業効率の増加や健康管理に興味を持ち、自身への理解度が高まると事間違いなし。

以前Twitterで紹介された記事になります。

因みに、日本では一般成人のうち約21%が不眠に悩んでおり、約15%は日中の眠気を自覚しているとの調査結果がありますので、身近な障害と言えるでしょう。私も日中眠くなる事があります。

睡眠の基礎【不眠について】

 

結論。

眠りたいけども寝ることができない状態

をいいます。

睡眠の異常には、

  • 睡眠の質や量、出現パターンの異常がある。(不眠・リズム障害)
  • 覚醒機能の異常。(過眠)
  • 睡眠中に異常な精神現象が起こる。(異常行動、不随意的な筋活動、自律神経活動、パニック症状など)

一時的な不眠は誰にでも起こりうる事で、睡眠をとる機会がちゃんとあるにもかかわらず不眠が頻繁に起きて、長時間にわたり日中の機能低下を起こしている「慢性不眠」に悩むも人はそれほど多くないと言われています。

「慢性不眠の状態になった場合は、通院を余儀なくされる場合がありますので注意が必要になります。

睡眠の基礎【睡眠障害の原因】

5つのPで表現される事が多いみたいですね。

1.身体的原因(Physical)

2.生理学的原因(Physiological)

3.心理学的原因(Psycological)

4.精神医学的原因(Psychiatric)

5.薬理学的原因(Pharmacological)

以上の5つを考慮しながら、原因を探していくといいかもしれませんね。

睡眠の基礎【睡眠障害の鑑別】

睡眠障害を鑑別する事は困難に等しいと言われています。

成人の5人に1人、1,500万〜2,000万人が不眠に悩んでいる事が予想されます。

睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害、レストレスレックス症候群など多岐にわたると言われています。

睡眠の基礎【不眠の病態生理】

睡眠に影響を出すものとして、自然環境社会環境個体内環境があると言われています。

個体内環境に焦点を当てると、

身体的、精神的、心理社会的ストレス、さらに薬剤因子が加わると入眠は妨害されると言われています。

*入眠:眠りにつくまでの事

睡眠の基礎【慢性不眠障害】

基本的な特徴は、頻回に持続する入眠や睡眠維持困難で、結果として睡眠全体に満足できないという事です。

入眠困難の基準は、小児や若年者で20分以上中高齢者で30分以上かかることを言います。

睡眠維持困難は、夜に起きてしまってもう一度眠る事が難しい事をいいます。

一般的に望まれる起床時刻より30分早く起きることを早期覚醒とよんでいます(充分な定義はありません)。

どちらも、週3回以上で3ヶ月以上継続する場合は、心療内科などの受診をする事が望ましいと言えます。

睡眠の基礎【正常な睡眠と睡眠段階】

正常な睡眠時間は6〜8時間と言われています。6時間未満、8時間以上の睡眠も良くない事は覚えておいて下さい!

人の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が約80から100分で交互に周期的に繰り返されることで構成されている。

睡眠の前半に深い睡眠が多く現れ睡眠の後半にはレム睡眠が多く見られると言われています。

加齢により深い睡眠は減少し中途覚醒や浅い睡眠が増えてきます。また、睡眠時無呼吸症候群重症例では深い睡眠の減少が多く見られる。

レム(REM)睡眠とノンレム(non-REM)睡眠

レム睡眠では、

脳が活発に働いており記憶の整理や定着が行われています。

ノンレム睡眠では、

大脳は休息していると考えられ脳や肉体の疲労回復のために重要だとされています。

ノンレム睡眠は、浅い眠りと深い眠りの二つに分ける事ができます。

睡眠の基礎【日中の過剰な眠気についての研究】

*2000年に厚生労働省が実施した保険福祉動向調査を引用。

成人28,714名の自記式質問表調査データから日中の過剰な眠気は男性の2.8%女性の2.2%に認められ、その原因として

男性、若年者、短時間睡眠、自覚的睡眠不足、熟眠感不足、下肢の違和感、いびきや呼吸困難、ストレス

が同定されました。

男女ともに睡眠時間が5時間未満の人では、それ以外の人に比べて肥満になる可能性が高い事がわかりました。つまり、5時間未満の短い睡眠時間だと太るよって事ですね。

さらに、高血糖発症に関するオッズ比が有意に高い数値を示したとのことです。

短い睡眠時間が死亡、糖尿病、高血圧、心血管疾患、冠動脈疾患、肥満発症のリスクとなる事がわかっています。さらに、睡眠時間が6時間より短くなると死亡リスクが高まることも報告されています。

睡眠に基礎【最後に】

やはり睡眠はとっても大切ですね。睡眠時間が足りないだけで、色々な病気になりやすくなってしまいます。

何時に起きるか・起きたいかを明確にする事で、6時間以上8時間未満の睡眠時間を確保できるよになると思います。自分の健康を守るためにも、一度スケジュール管理をする必要があるかもしれませんね。

では、またお会いしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です